企業情報

1923年
神奈川県藤沢市に湘南香料研究所を設立
食品香料の国産化を開始
創業初代社長 野坂穣
1926年
東京都中野区沼袋に研究所を移転
1927年
柑橘果皮を使用したカルピス用柑橘エッセンスの生産拡大に伴い、
東京都中野区松が丘に本社及び工場を新設
1931年
製菓用のヴァニリン、エステル合成のため、
東京都中野区江古田(現本社)に第二工場を建設
1936年
合資会社湘南香料工業所を設立
1940~1945年
愛媛県北宇和郡立間村に柑橘処理工場を設立
オレンジ、レモン精油採油のため、台湾花蓮港に柑橘処理工場を設立
柑橘油の生産にともない、柑橘果汁の製造を開始
ビタミンC補給用の果汁を日本軍に納入
1943年
工場設備を山梨県北巨摩郡高根町清里へ移し、疎開準備を開始
1945年
本社工場(松が丘)の東京大空襲による焼失のため、現在地(東京都中野区江古田)に本社を移転
山梨県北巨摩郡高根町清里に清里工場を設立し、キクイモからイヌリン(甘味料)の抽出開始
柑橘エッセンスの製造を再開
1951年
山梨県北巨摩郡高根町清里に冷凍濃縮設備をもつ、果汁処理工場を建設
桔梗ヶ原(長野県)のコンコードグレープを原料とした、
コンコードグレープ果汁の製造を開始
1954年
資本金 4,500千円をもって湘南香料株式会社を設立
1967年
資本金 10,000千円に増資
1976年
日本の食品工業において初めて限外ろ過膜(UF膜)を実用化し、高品質透明果汁の製造を開始
1980年
炭酸ガス抽出法の開発を開始
1981年
清里工場に炭酸ガス抽出パイロットプラントを設置
1983年
資本金 30,000千円に増資
1984年
資本金 45,000千円に増資
清里工場に炭酸ガス抽出実用大型機を設置
逆浸透膜(RO膜)による果汁の濃縮を実用化し、高品質非加熱果汁の製造を開始
1985年
海産物エキスの生産を開始
1986年
高品質りんご果汁製造用の原料確保のため、秋田県雄勝郡羽後町新町に秋田工場を建設
加工用グレープ(キャンベル種)の栽培契約を開始
1989年
清里工場の老朽化と生産拡大のため、清里工場を閉鎖し山梨県北巨摩郡須玉町に山梨工場を新設
炭酸ガス抽出装置を増設
SHONAN(U.S.A.), INC. を資本金 USD 2,000,000 で設立
1990年
米国ワシントン州ヤキマヴァレーの肥沃な土地で、りんご濃縮果汁の製造を開始
SHONAN(U.S.A.), INC. 資本金を USD3,000,000 に増資
1991年
資本金 75,000千円に増資
1993年
SHONAN(U.S.A.), INC. にて野菜汁の生産を開始
契約栽培によるニンジン濃縮汁の製造開始
1997年
SHONAN(U.S.A.), INC. 資本金 USD 3,500,000 に増資
1998年
SHONAN(U.S.A.), INC. 資本金 USD 3,740,000 に増資
1999年
嗜好飲料(コーヒー・茶類)エキスの生産拡大
SHONAN(U.S.A.), INC. 資本金 USD 5,740,000 に増資
2000年
山梨工場の果汁生産を秋田工場へ移管し、香料・エキスの製造に特化
2001年
秋田工場にて乳酸菌による発酵野菜汁の製造を開始
2002年
発酵野菜汁の製造により経営革新計画融資承認
第1回社債発行
2003年
湘南ホールディングス株式会社を設立し、合資会社湘南香料工業所を吸収合併
酒類販売業免許取得
2004年
秋田工場にて酵母による発酵果汁の製造を開始
2006年
加工用メロン(貴味)の契約栽培を開始
2007年
ISO9001:2008(品質MS)認証取得
2008年
ISO22000(食品安全MS) 認証取得
2009年
SHONAN(U.S.A.), INC.にプレート型低温濃縮機を増設
2012年
FSSC22000(食品安全MS) 認証取得
加工用トマトの契約栽培を開始
2013年
製品情報統合MS(MerQurius)の運用開始
2014年
OHSAS18001(労働安全衛生MS)認証取得
2015年
ISO9001:2015移行プロジェクト開始